妖精みたいなかたちの、クサギの実。

小網代の初冬の木道沿いにまるで妖精のような実がありました。

 

そこかしこに生えている低木、クサギの実です。

 

赤い星型のがくの真ん中に濃紺の実。実はこの実を集めて染料にすると、着物などに使われる最高の「空色」になります。

 

小網代の谷では、クサギの株を増やしています。真夏に咲くクサギの花は、アゲハチョウたちが大好きな花。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夏には木道沿いのクサギの花に集まるさまざまな種類のアゲハチョウを観察できます。

夏も冬も、ひとの目を楽しませてくれるクサギは、小網代のアゲハチョウの多様性を助けてくれる植物でもあるのです。