2019年2月17日定例作業その1 北の谷の作業

北の谷はもともと小網代で一番大きな下流の大湿原の水の供給元でした。

けれどもササやアオキに覆われ、倒木だらけ。

その北の谷の開墾を行いました。
湿原環境の創出などを目指します。
もともと小網代でも水の豊かな北の谷。
ホタルをはじめ、たくさんの生き物が戻ってくるはずです。