アカテガニ放仔観察会 8月15、16日

8月15日16日、
今年最後のアカテガニ放仔観察会が
かながわトラストみどり財団主宰
NPO小網代野外活動調整会議の指導で
行われました。

新月と満月、
満潮の夕刻に、海岸に降りてきたアカテガニのお母さんが
いっせいに子供=幼生のゾエアを海に放ちます。

両日ともに70人以上の参加者が、
アカテガニのお産を観察いたしました。

小網代のアカテガニの数は、
過去20年でササヤブになり乾燥化した湿地を
回復することで、カニの生息可能地が劇的に増えた結果、
ここ数年で、劇的に増えています。

お産に訪れるアカテガニのお母さんの数からも
それが察せられます。

本年のアカテガニ放仔観察会は、
これでおしまい。

来年7月8月、また開催する予定です。













 

サポーター企業・団体

 
京急油壺マリンパーク
 

出版物のご案内 

 『奇跡の自然』
小網代の保全の歴史がわかる本です!
『「流域地図」の作り方』
小網代の保全のベースとなる「流域思考」が理解できる本です!
『環境を知るとはどういうことか』
養老孟司さんと岸代表が、小網代保全の話などをベースに環境問題を語ります!
小網代はカニの楽園!数十種類のカニを美しいイラストで紹介!
小網代野外活動調整会議TEL:045-540-8320
 
トップページ このページのトップへ 
 Copyright (C) NPO法人小網代野外活動調整会議