2月のボランティアウォークが開催されました。

2015年2月15日小網代ボランティアウォークの模様です。
晴天に恵まれた上に風もほとんどなく、
春の訪れを思わせる陽気。


引橋バス停からの全景を見渡したのち、
本日は、これまでのボランティアウォークよりも
よりハードで楽しい作業を参加者にお願いしました。


剪定ハサミをお貸しして、
上流部のササの芽やアオキなどを除去してもらい、
春先に顔を出すフデリンドウやスミレなどが
日を浴びて、ちゃんと開花できるように、
という作業です。


本日の参加者の方は
体力ジマンの方が多く、
積極的にササの剪定から、
根っこごと引っこ抜く荒行にも挑んでいただきました。

ぜひ次回からは午後の本格的な維持作業にも
参加いただきたいものです。


河口で干潟作りの話を岸代表に訊いた後、

 
生物調査でみつかった
ミミズハゼとウナギの赤ちゃんを観察。


さらに峠で冬眠中のアカテガニをチェック。


最後はササの除去作業中にみつかった
コガタスズメバチの空巣を
観察して、無事終了しました。

次のボランティアウォークは
3月15日。
開花が早ければもしかすると
もうサクラの花が見られるかもしれません。

ぜひご参加を!

サポーター企業・団体

 
京急油壺マリンパーク

出版物のご案内 

 『奇跡の自然』
小網代の保全の歴史がわかる本です!
『「流域地図」の作り方』
小網代の保全のベースとなる「流域思考」が理解できる本です!
『環境を知るとはどういうことか』
養老孟司さんと岸代表が、小網代保全の話などをベースに環境問題を語ります!
小網代はカニの楽園!数十種類のカニを美しいイラストで紹介!
小網代野外活動調整会議TEL:045-540-8320  
NPO小網代野外活動調整会議 小網代の自然とは 小網代関連論文 保全の歴史 活動状況 ニュースレター 応援したい皆さまへ 
 HOME Copyright (C) NPO法人小網代野外活動調整会議  このページのトップへ