9月のボランティアウォークと湿地回復 定例作業が開催されました。

9月20日日曜日の小網代の森では、
午前中にボランティアウォーク、
午後は湿地回復の作業が行われました。

ボランティアウォークにはお子さん連れから
若いひとたちのグループ、大学の先生まで多様な方々が参加。


ササやぶの伐採で、
アスカイノデなどのシダ植物の
植生回復のお手伝いをしていただきました。

 
森は、まだまだ夏の名残。
ツクツクボウシの大合唱に
ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミの声が混じり、
オニヤンマ、ヤブヤンマ、コシボソヤンマ、
オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、
ショウジョウトンボに加え、赤とんぼやイトトンボの姿も。

湿地では
羽化したてのカラスアゲハやアカホシゴマダラが吸水し、
ヒガンバナには、ぼろぼろの羽のモンキアゲハのカップルが。

 
午後の定例作業は、
湿地エリアの伐採。ササや茂り過ぎたアシやオギを間伐し、
湿地の乾燥化を防ぎます。

 
もうひとつは真ん中湿地の
湿地回復作業。杭を打ち、ダムをつくり、水が溜まるようにして
低地全体に水が回るようにします。
水をためて、新しく小さな川もできました。

サポーター企業・団体

 
京急油壺マリンパーク

出版物のご案内 

 『奇跡の自然』
小網代の保全の歴史がわかる本です!
『「流域地図」の作り方』
小網代の保全のベースとなる「流域思考」が理解できる本です!
『環境を知るとはどういうことか』
養老孟司さんと岸代表が、小網代保全の話などをベースに環境問題を語ります!
小網代はカニの楽園!数十種類のカニを美しいイラストで紹介!
小網代野外活動調整会議TEL:045-540-8320  
NPO小網代野外活動調整会議 小網代の自然とは 小網代関連論文 保全の歴史 活動状況 ニュースレター 応援したい皆さまへ 
 HOME Copyright (C) NPO法人小網代野外活動調整会議  このページのトップへ