【皇后陛下の小網代流域散策ご感想の報道について】

皇后陛下お誕生日(平成28年10月20日)に際し宮内記者会の質問に対する文書でのご回答が公表され、文中、本年2016年7月12日の両陛下の小網代ご訪問のご感想が記されましたので紹介します。

宮内省ホームページ

<皇后陛下ご感想該当部分の原文>
「ごく個人的なことですが,
いつか一度川の源流から河口までを歩いてみたいと思っていました。
今年の7月,その夢がかない,陛下と御一緒に神奈川県小網代の森で,
浦の川のほぼ源流から海までを歩くことが出来ました。
流域の変化,昆虫の食草等の説明を受け,大層暑い日でしたが,
よい思い出になりました」

<同:宮内省発表の英文>
On a purely personal note, I had always wanted to try walking from the source of a river to its mouth one day. That dream came true in July this year, when, together with His Majesty, I had an opportunity to walk from a point near the headwaters of Uranogawa River in Koajiro Forest, Kanagawa Prefecture, down to the sea. Along the way we heard explanations about changes in the flora of the watershed, the larval food plants of butterflies in the area, and other things. Although it was an incredibly hot day,
it became a memorable day for me.

なお当日は、かつてハゼ類の研究者でもあり、
2012年「第6回みどりの式典」において会(小網代野外活動調整会議)を
代表して緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰をうけた当法人代表理事
岸由二(慶應義塾大学名誉教授)が、要請をうけ、
両陛下の小網代流域散策のご案内をいたしました。

フェイスブックページはこちら





トップページに戻る


サポーター企業・団体

 
京急油壺マリンパーク

出版物のご案内 

 『奇跡の自然』
小網代の保全の歴史がわかる本です!
『「流域地図」の作り方』
小網代の保全のベースとなる「流域思考」が理解できる本です!
『環境を知るとはどういうことか』
養老孟司さんと岸代表が、小網代保全の話などをベースに環境問題を語ります!
小網代はカニの楽園!数十種類のカニを美しいイラストで紹介!
小網代野外活動調整会議TEL:045-540-8320  
NPO小網代野外活動調整会議 小網代の自然とは 小網代関連論文 保全の歴史 活動状況 ニュースレター 応援したい皆さまへ 
 HOME Copyright (C) NPO法人小網代野外活動調整会議  このページのトップへ