小網代の自然とは

 神奈川県三浦半島の先端、相模湾に面したリアス式の入り江と谷、それが「小網代の自然」です。
 標高70〜80mの台地を、いくつもの小さな川が刻んだ谷、深い森、広々とした湿地、大きな干潟、そして南国の香り漂う湾。
 頂点から相模湾外洋まで約3km、森と湿地と干潟と湾とを川が結ぶ、ひとつの流域がまるごと自然のまま残された、きわめて貴重な自然です。
 小網代の自然の中心を成す「小網代の森」は約70ha。東京ドーム15個分の広さ。1.2kmの「浦の川」がつくった流域がまるまる森と湿地のかたちで残されています。川の最上流部から河口の干潟まで、舗装路も家もありません。首都圏では唯一の「完結した自然状態の流域=集水域生態系」。これまでに2000種以上の生きものが確認され、絶滅危惧種も多数生息している、生物多様性の宝庫です。

① 小網代の自然の特徴その1 豊かな森と湿地


小網代の森と湿地は、浦の川水系流域70haが神奈川県によって買い取られ、国交省の指定する近郊緑地特別保全地区としてまるごと保全されています。尾根筋にはマテバシイやモチノキなどの常緑樹林、斜面にはコナラを中心とする落葉樹林が広がり、川筋にはハンノキ林、ジャヤナギ林が。さらに川沿いにはいくつもの湿地があり、下流部の広大な湿地帯はアシ、オギ、ガマが生い茂り、サラサヤンマ、ゲンジボタル、ヘイケボタルなど貴重種が多数生息する、比類のない見事な流域生態系が息づいています。


② 小網代の自然の特徴その2 

    関東随一の生物多様性を誇る干潟


浦の川の河口には3ヘクタールほど干潟が広がっています。家庭排水や工場排水の影響がほとんどない干潟には、関東・東海地域屈指の多数の絶滅危惧種を含む多様な生物が生息。中でもカニ類はこれまでに60種前後を記録。アカテガニを筆頭とする陸生のカニは、森や湿地や川に暮らし、夏の大潮の晩に干潟の岸辺で一斉に子どもを海に放ちます。数百数千匹のアカテガニが真夏の夕刻に海岸で子を放つ様は、小網代の夏の風物詩です。

③ 小網代の自然の特徴その3  相模湾と黒潮に連なる湾


小網代の干潟の先には漁港、そしてヨットハーバーがあり、湾口から先は一気に数千mの深さになる相模湾につながっています。黒潮がぶつかる地形でもあり、小網代湾は、多くの魚の揺籃場となり、マダイやクロダイ、メジナ、カサゴ、メバル、カワハギ、クルマエビ、ガザミなどの稚魚や幼体が育つ場所。また八放サンゴやサンゴイソギンチャクが生育し、夏にはチョウチョウウオ類の稚魚が泳ぐ亜熱帯の海の様相も見せます。

 以上の森と湿地、干潟、海の自然は、川で結ばれ、ひとつの拡大流域として、不可分の生態系を形作っています。小網代の自然のユニークさは、単に珍しい生きものが生息している、ということではなく、「自然の地形単位=流域」がまるごと自然のまま保全されている、ということにあるのです。


小網代関連論文


小網代・浦の川流域におけるサラサヤンマと湿地再生
岸・鈴木・柳瀬 
慶應義塾大学日吉紀要・2014
 関連記事:小網代干潟保全の重要性について

小網代干潟における無脊椎動物の多様性・RD種に関する予報
岸・小倉・江良・柳瀬
慶應義塾大学日吉紀要・2013 


小網代におけるアカテガニの放仔活動の時間特性
矢部・岸
慶応義塾大学日吉紀要・2001

サポーター企業・団体

 
京急油壺マリンパーク

出版物のご案内 

 『奇跡の自然』
小網代の保全の歴史がわかる本です!
『「流域地図」の作り方』
小網代の保全のベースとなる「流域思考」が理解できる本です!
『環境を知るとはどういうことか』
養老孟司さんと岸代表が、小網代保全の話などをベースに環境問題を語ります!
小網代はカニの楽園!数十種類のカニを美しいイラストで紹介!
小網代野外活動調整会議TEL:045-540-8320  
クリックすると大きくなります。 
NPO小網代野外活動調整会議 小網代の自然とは 小網代関連論文 保全の歴史 活動状況 ニュースレター 応援したい皆さまへ 
 HOME Copyright (C) NPO法人小網代野外活動調整会議  このページのトップへ